障害年金の受給要件が知りたい!

加入要件について

障害年金の受給要件の一つである加入要件の内容は、初診日に厚生年金や国民年金に入っていることです。この内容で、初診日が一体いつなのか、疑問に思っている人は少なくないでしょう。まず初診日というのは、障害を抱えるきっかけとなった傷病に関して、最初に医師・歯科医師の診察が行なわれた日のことをさします。

たとえば、同一の傷病において転院があったケースでは、最初に医師の診療が行なわれた日、健康診断を受けて異常が見つかり、そのあとに診察を受けたケースでは健康診断の日、正確な診断名が決まっていなかったり誤診であったりしたケースは最初に診療が行なわれた日などが、初診日としてあてはまることになります。こういった具合に、これまでのいきさつによって初診日は違ってくるのが実際です。

加入要件の話に戻りますが、障害年金は初診日に入っていた年金制度から受け取る形になります。初診日が厚生年金に入っている期間中の場合、障害基礎年金のほかに障害厚生年金が受け取れます。また、初診日が国民年金に入っている期間中の場合、障害基礎年金だけが受け取れるしくみになっています。初診日に年金に入っていない20歳を下回る年齢の人や60~65歳までの人に関しては、例外的な扱いを受けることになります。

障害年金とは何か

障害年金というのは、普段の暮らしや仕事に一定の支障をきたしている人を対象に支給される年金のことです。厚生年金、国民年金、共済年金の全部に備わっている、老齢年金や遺族年金と同じ公的年金の一種として含まれています。よく、仕事を少しでもしている人は障害年金を絶対に受け取ることができないと思う人がいますが、実際にはそうではありません。傷病による障害があることで、普段の暮らしや仕事で明らかな制限を受けている人は、受給できる可能性があります。

ただし、誰でも受給できるのかというと、そうではありません。障害年金には受給要件が設定されており、クリアしている人だけが受給することが可能です。障害年金を受け取るには加入要件、保険料納付要件、障害状態要件の全部をクリアしなければいけません。この3種類の条件をまとめて障害年金の受給要件といいます。

この3種類のうち加入要件は初診日に厚生年金や国民年金に入っていること、保険料納付要件は初診日の前日までにしっかりと年金保険料の支払いを行なっていること、障害状態要件は障害認定日における障害の程度が一定の基準にあてはまることが受給要件の中身です。

当サイトでは、加入要件、保険料納付要件、障害状態要件のことをもう少し深く掘り下げて解説させていただくとともに、初診日とは何なのか、相談先はあるのかも解説させていただきます。障害年金に関する基本的なことを知りたいという人は、ほかのページの内容もチェックしてみてください。