障害年金の受給要件が知りたい!

保険料納付要件について

Posted on 2017.08.14 by 管理者

保険料納付要件は、障害年金の受給要件の一つとして含まれているものです。保険料納付要件の内容は、初診日の前の日までに、年金保険料の支払いをしっかり行なっていることです。この受給要件を満たしているだけでなく、加入要件と障害状態要件も一緒に満たしていなければいけません。

初診日が1991年5月1日以降の人は、初診日の月の2ヶ月前までの入っている必要のある期間の3分の2以上が、保険料納付済期間と免除期間を合計した期間であること、つまり年金を納めていない期間が3分の1以下しかないこと、または初診日の月の2ヶ月前までの1年間に保険料納付済期間か免除期間以外の加入期間がない、つまり年金を納めていない期間がないことのどちらかをクリアしていることが不可欠です。

初診日の月の2ヶ月前はいつなのかという点に関してですが、10月が初診日だった人の場合、2ヶ月前は8月です。初診日の前日というのは10月15日が初診日であれば、10月14日です。まとめると、初診日の前日である10月14日時点での8月分までの保険料の支払い状況がチェックされることになります。その結果、未納の期間が3分の1以下か、未納の期間がまったくない場合には、保険料納付要件をクリアしているということになります。